RSS | ATOM | SEARCH
ノートPCのWebブラウザ事情

SafariとChromeのどちらを使うかで、結構長いこと悩んでいる。

 

 

理由は、両者、合う点と合わない点があって、

困ったことに、片方に合う点が偏っていないからだ。

 

最近、Chromeの新しいバージョンがリリースされた。

早速使ってみた。

 

が、結局、僕にはSafariが使いやすい、という結論に至っている。

 

 

僕の主観だが、それぞれの合う点、合わない点を述べてみる。

  • Safari
    • 合う点
      • 見た目がシンプルで美しい
      • iPhoneとのタブ同期が便利。同期が速いし操作もすごく楽。例えば、iPhoneでMacbook air で見ていたサイトをタブ同期で見ることができて、かつ、見終わったらiPhoneでMacbook air で開いているタブを閉じることができる。チェックしたら閉じることができるのは非常に効率が良い
    • 合わない点
      • ページ表示の処理速度が遅い。特に、進む・戻る時の効果(なめらかにスライドする)は不要
      • 機能の拡張性が低い
  • Chrome
    • 合う点
      • 機能の拡張性が高い。いろんなAdd-on機能があって便利
      • 処理速度が速い。ストレスかからない
      • 「閉じたタブを開く」機能がある。地味に、かなり役に立つ
      • Gmailの活用が楽。例えば、ボタン一つで見ているページURLのメール送信可能(Add-on)
    • 合わない点
      • iPhoneとのタブ同期が面倒
      • iOSユーザなのにChromeってなんとなく罪悪感というか違和感

 

僕は、見た目を結構重視する性質。

 

MacBook Air 11inchを愛用しているのもあって、できるだけシンプルで、最小構成で、かつ使いやすいものを好む。

そして、Safariは、画面の上部が1行分ぐらい(単なる感覚)、Chromeよりも少ない。

ブックマークバーがなくても、よくアクセスするサイトを表示しやすいのは、Safariだ。

要するに、シンプルな上に、使い勝手が良い。

 

それに、タブ同期も、結構な頻度で活用しているので、より使いやすさを求める。

こちらは、僅差でSafariの勝ち。

 

iPhoneはSafariを使っているので、特に上記のような選択になるのかもしれない。

Chromeは、MacBookでもiPhoneでも一定期間利用しているので、自分の中ではある程度妥当な選択と思っている。

 

 

で、ようやく、Webブラウザ抗争は終わりを告げた、、、と思っていた。

 

そこで冒頭でも紹介した、Chromeの新バージョン、リリースのニュース。

MacBookでは使ってみたが、よくよく考えてみると、iPhoneでは、まだ少ししか触っていない。

 

 

…よし、使ってみるか。

 

 

(天竺への旅は、まだまだ続く…)

 

 

 

author:hiro, category:technology, 07:25
comments(0), -
Comment